ラテン語「子どもたち」=自由な人

 今回はLiberi(リーベリー)という名前についてご紹介します。

 Liberi(リーベリー)とはラテン語で「子どもたち」を意味することば。英語のlibertyや、スペイン語のlibertad等…様々な言語の「自由」という言葉の由来にもなっています。

 「子どもたち=自由な人」というのは深いなぁーと思っていて、何にも縛られない自由な発想や、疑問には大人がハッとすることもしばしば。大人になっていく課程で多くの「規律」を学んで、社会生活を営むようになるわけですが、そのバランスが絶妙だと感じています。

 私が一つの線引きとして特に意識しているのが「安全」と「人を傷つけないこと」です。この点に関しての規律はしっかり伝えていかなければならないと感じています。一方で、厳しい規律で自己表現を押さえ込むことがないように注意しています。子どもたちの自由な自己表現を大いに歓迎することが、Liberiの最大の目標である「子どもの自己肯定感を育むこと」さらには「ママの自己肯定感を育むこと」の根底にあると感じています。

 余談ですが、事業主であるLinaが日々進化を続け、まだ見ぬ新しい自分(もしくは過去の自分?ありのままの自分?=Rina)を目指す向上心を示した「Lina be Rina」の頭文字をとったLi be riの思いも込めています。


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 子育てブログへ
1日1回クリックで投票可能
応援して頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です